躁鬱病を治すために診断し、薬で治療を行なう方法

治療方法

ベンチに座っている女性

使われるもの

躁鬱病の治療方法は、リチウムやバルプロ酸、カルバマゼピンといった薬物を用いることである。海外ではそれ以外にも、気分安定薬として処方される、てんかん治療にも使われているラモトリギンなどがある。特にリチウムが躁鬱病の治療に使われており、これはうつ病の治療では使われることはない。このリチウムには躁状態とうつ状態の振れ幅を改善するための作用があり、躁鬱病の治療には効果的なのである。医療で使われている薬には効果がある一方、大きな副作用がある。このため、個人の体調や体質に合わせて薬は処方されなければならない。薬はインターネットでも購入することができるが、必ず医師の処方の元で行なうことが推奨されているのはこのためである。

電気による治療

また、電気痙攣療法という方法もあり、これも躁鬱病の治療でよく使われている。実際に効果が高いものとして知られており、治療をするときには全身麻酔をかけるので痛くなく、安全である。躁鬱病の経過観察には、薬物療法で症状の悪化を防ぎ、改善にもっていく方法と、継続、そして再発の予防というのが大きな流れになる。躁鬱病は特に再発しやすい病気であることから、再発期に気づかずに手遅れにならないためにはしっかりと治療を継続させなければならない。期間は長く、予防も含めて考えると二年以上かかることになる。精神疾患の治療に関しては、どうしても時間がかかってくるので、根気強く治療することが求められる。