躁鬱病を治すために診断し、薬で治療を行なう方法

副作用の検査

錠剤と粉末

血中の検査

躁鬱病の治療にはリチウムが使われることが最も多い。リチウムを使用するときは必ず血中の濃度に気をつけながら治療が行われる。血中のリチウム濃度が高過ぎると、足元がおぼつかなくなるという作用がある。薬によって中毒症状が出た場合、甲状腺にホルモン剤を打つことで対処することができる。また、リチウムを飲むことで、起こる副作用としては、下痢や食欲不振などがある。薬は効果が出てくるまで飲み続けなければならないので、医師と相談しながら行なうことが大事になってくる。

バルプロ酸

躁鬱病の治療では、その他にも抗てんかん薬のバルプロ酸、カルバマゼピンなどがある。バルプロ酸には躁状態に対する予防の効果があり、再発を予防してくれる効果も期待されている。しかし、肝機能障害を起こすこともかんがえられるので、比較的副作用が少ない薬ではあるが、使用には充分注意が必要である。特に、躁鬱病と肝機能の障害を併発している人には使用を避けた方が良い薬であるといえる。また、リチウムは血中の濃度が濃くない方が良いとされていたが、バルプロ酸は逆に血中の濃度が高い方が、躁状態に効果があるとされている。

カルバマゼピン

カルバマゼピンも躁状態に効果がある薬である。副作用としては、白血球や赤血球の減少が起こる可能性があることが分かっている。躁鬱病では、躁とうつの状態を繰り返し、うつ状態に効く薬と躁状態に効く薬と使い分けなければならないので、副作用についても両方を考えなければならない。